FXで生活防衛

昨年12月に民主党から自民党に政権が移りました。ドル円相場は民主党政権下で何をやっても効果がなく一ドル78円台まで円高になっていました。しかし、自民党に政権が移るとそれに呼応するかのように、為替ルートが一ドル78円台から100円台まで文字道理一本調子で円安に振れました。

 

しかし、実生活において私たち日本人は、石油や食料を始めとする多くのもの海外からの輸入に頼って生活しています。だから輸入品は円安ドル高の影響で、これからは価格転嫁されるでしょう。

 

しかし、なげいてばかりでは何もしないことと一緒です。ここでは一つ発想を変えてみませんか。そこでFXです。FXで生活防衛です。つまり、これからもっとドルが円に比べて高くなると思ったら、ドル買い円売りもポジションを持てばよいリスクヘッジになると思います。たとえこれから円高ドル安になったとしても、その損は安心料と思えばあまり落ち込まなくてすむと思います。


このページの先頭へ戻る